Film / 映画

 

EU短編アニメ作品上映会
アルス・エレクトロニカ・アニメーション・フェスティバル2016入選作より

 
アルス・エレクトロニカ・アニメーション・フェスティバル2016の入選作の一部を上映。ゲストスピーカーとして、同フェスティバルComputer Animation/Film/VFX部門で受賞した真鍋大度氏が参加する。
 
主催:駐日欧州連合代表部、駐日オーストリア大使館
 
日時:2017年4月24日(月)18時30分(18時開場)~ 21時、途中交流会あり
 
場所:駐日欧州連合代表部(南麻布4-6-28ヨーロッパハウス)
リンク先の地図を参照: http://www.euinjapan.jp/about/map/
 
* なお、駐車スペースがないため、お車でのご来場はご遠慮下さい。
 
登録:下記の登録フォームからお申し込み下さい。4月20日(木)締め切り。
 
http://euin.jp/register-2404EUAnimation
 
定員150名。
 
お問い合わせ:03-5422-6037
 
Facebookのイベントページ:http://euin.jp/20170424EUAnimation-FB
 
オーストリアのリンツで毎年開かれる世界的なメディアアートの祭典「アルス・エレクトロニカ」の一環として開催される「アルス・エレクトロニカ賞」の前年度の入選作品から欧州連合(EU)および日本のクリエイターの作品を紹介する上映会。大好評の同上映会の第6弾では、2016年入選作品から、7カ国の欧州連合(EU)加盟国(ベルギー、デンマーク、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、オーストリア)および日本のクリエイターによる短編アニメーション作品を紹介します(素材提供:アルス・エレクトロニカ)。作品の多くはフリーランスの制作者によるもので、全体が「実験的作品」や「映像と音楽」など、さまざまなテーマごとにまとめられています。
 
また、今年は特別ゲストとして、アルス・エレクトロニカ2016のComputer Animation/Film/VFX部門の受賞者、真鍋大度氏による講演「アルス・エレクトロニカが切り開く新しいアート表現の世界」も予定しています。講演に続いて、簡単な交流会を催します。
 
真鍋大度氏プロフィール
 
身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さに着目している。Rhizomatiks Research代表。
 
※講演は主に日本語で行います。また、上映される作品のほとんどは音楽や効果音のみですが、一部英語によるナレーション、せりふが付いています。

PDF : 20170424_Ars Electronica invitation-final.pdf
 
The Delegation of the European Union to Japan and the Austrian Embassy in Tokyo present
 
an EU Animation Film Evening
 
with a selection of films short-listed in the Ars Electronica Animation Festival 2016
 
Date and time: Monday, 24 April 2017, 18:30 - 21:00 (doors open at 18:00)
 
Place:  Delegation of the European Union to Japan
(see map: http://www.euinjapan.jp/about/map/)
* Parking space is not available
 
Registration:   Please register before 20 April 2017 via online registration form:
http://euin.jp/register-2404EUAnimation
 
maximum capacity: 150 seats
 
Inquiries: 03-5422-6037
 
Facebook event page: http://euin.jp/20170424EUAnimation-FB
 
For the 6th edition of our popular European animation film evening featuring short animation films selected by Ars Electronica, we present films by creators from 7 European Union (EU) Member States (Belgium, Denmark, Germany, France, Italy, the Netherlands, and Austria) and Japan, including a few international co-productions. The films included in the programme are all provided by the Ars Electronica Animation Festival 2016 in Linz, Austria, and all were presented at the Ars Electronica Festival last year. Most of them are made by freelance animators and the line-up covers a wide range of themes from Experimental and Abstraction to Narration and Visual & Sound.
 
In addition to screening the films, a presentation by Mr Daito Manabe, the award winner of Prix Ars Electronica 2016 in Computer Animation/Film/VFX-section, on "The Frontier between Art and Science" will be held. An informal drink following the presentation will provide an opportunity to meet the guest speaker and to network among animation fans and professionals.
 
We hope you will join us on this occasion.
 
Profile: Daito Manabe
 
Daito Manabe reinterprets a familiar phenomenon or topic through a different viewpoint and combines them into his work. He focuses on the intrinsic fun that he can find while observing carefully the phenomenon, body, programming and computer itself, instead of chasing after rich expressions with high resolution or realistic sensation. Representative of Rhizomatiks Research.        
 
n.b. The presentation will be mainly in Japanese. Most of the videos screened have little or no dialogue, some have dialogue in English.

PDF : 20170424_Ars Electronica invitation-final.pdf
 


 

 

イメージフォーラム・フェスティバル2017
ミヒャエル・グラヴォガー、ミヒャエル・パルム、ライナー・コールベルガー監督作品が上映予定

 
4月29日〜5月7日 シアター・イメージフォーラム 東京
5月12日〜20日 京都芸術センター 京都
6月2日〜4日 福岡市総合図書館 福岡
6月21日〜25日 愛知芸術文化センター 名古屋
 

 


 

©Family Suschitzky

 

「エディットをさがして」
„Auf Ediths Spuren“ Regie : Peter Stephan Jungk

 
EUフィルムデーズ2017での上映
 
5月26日~6月22日 東京国立近代美術館フィルムセンター
6月3日~25日 京都府京都文化博物館
 
ペーター・シュテファン・ユンクによるドキュメンタリー映画。エディット・テューダー・ハート(旧姓スチツキー)は、共産主義者であり、モンテッソーリ幼稚園の保母であり、バウハウスの学生であり、1930年代の英国における社会派の写真家として重要な役割を果たすと同時に、ソヴィエトの情報機関KGBのエージェントでもあった。二重スパイとして有名になったキム・フィルビーの連絡員だったのだ。ユンクは、ウィーンとロンドンで、自身の大おばにあたる彼女の不幸な生涯をたどり、歴史家、文書館員、元エージェント、遺族にインタビューし、なぜ彼女が、スターリン体制の残酷さにも関わらず信念を貫くことができたのかを探る。