Literatur / 文学

 

マルティン・クバチェック

 
5月23日 朗読会、オーストリア文化フォーラム
5月28日 日本独文学会シンポジウム、日本大学文理学部
 
マルティン・クバチェックは1954年ウィーン生まれ、ヴァイオリン、ドイツ文学、哲学を学ぶ。1990年から2000年まで東京で大学講師を、2001年から2002年までは名古屋大学で客員教授を務めた。現在はウィーン在住で、作家として活動しており、オーストリア現代文学について多くの著作がある。文化フォーラムでのイベントでは、彼の新作"Nicht von Heute -- Notizen aus dem Asyl"(仮題)の紹介のほか、オーストリア現代文学ゼミナールの25年について、ヴァルター・フォーゲル教授とのトークを行う。